平成27~令和元年度文部科学省指定SUPER GLOBAL HIGH SCHOOL / 令和2~4年度文部科学省指定地域協働事業グローカル型事業特例校

岡山学芸館高等学校

スーパーVコース普通科

難関国公立大学や
名門私立大学の
現役合格を目指す

スーパーVコース

POINT

国公立大学現役合格90%!!

現役での合格にこだわる!県内私学トップレベルの実績!

専任講師の
きめ細かいサポート

専属の講師がいつでも質問に答えます!個別補習、早朝補習も実施!

超ハイレベル文武両道

吹奏楽、サッカー、野球など強化指定部にも入部できます!
高度な文武両道を実現!

スーパーVコース

スーパーVコース

勉強にももちろん本気で取り組める!! みんなが本気だから互いに高めあえる環境がある!!

時間割の例

スーパーVコース(3年V2組文系)

毎朝英語の小テスト、補習では東大京大の入試演習も!
時間割

岡山学芸館流の文武両道を!
なりたいに自分になる!!

スーパーVコースの生徒は、超ハイレベル『文武両道』を実現することを目標に日々高校生活を送っています。教室をふと見渡すと、強化指定部をはじめ、様々な部活動に所属し全国レベルでの活躍を目指す生徒、課題研究など自己研鑽活動に励む生徒が、机を並べ将来の夢に向かって切磋琢磨する姿がそこにはあります。スーパーVコースで『文武両道』を実現することは簡単なことではありませんが、同じ志を持った仲間がいるからこそ、実現を目指すことができるのだと思います。

スーパーVコース長  神﨑 隆二

スーパーVコース

課題研究にも本気で取り組める!!

課題研究

カンボジアやタイへのフィールドワークでグローバルな学びも充実!!
さらに課題研究の内容を、他校や大学などで発表することでより自分の知識と力を高められる!!

本気が叶えた進路実現

2019年度卒業生

右上:名古屋大学 経済学部
   水田弘賢(高松中学校出身) 吹奏楽部
学芸館ではただの文武両道ではなく、非常に高いレベルでの文武両道を目指すことが出来ると感じました。中でもスーパーVではそのような環境が充実しており、正解の高校選びが出来たと考えています。勉強と部活動を両立して得た人間力を今後も活かしていきたいと思います。

真ん中:広島大学 総合科学部
    磯谷侑香(倉敷東中学校出身) クッキング部
岡山学芸館高校で待っていたのはお互いに高め合える仲間と献身的にサポートしてくれる先生方との出会いでした。学業だけでなく、留学や研究活動にも励んだ高校生活は私をこれまでより大きく成長させてくれ、夢への切符を手にすることができました。

右下左:岡山大学 教育学部
    原田雄真(長船中学校出身) 陸上部
部活も勉強も両立したい。そんな思いでこの学校に入学しました。勉強は放課後補習や勉強合宿などがあり,クラスの人と切磋琢磨しながら勉強に集中することができました。部活では、顧問の先生がとても支えてくれて以前では考えられない結果を残すことができました。ここには勉強にも部活にも集中できる環境があります。3年間支えてくださった先生方には感謝しかないです。

右左:岡山大学 工学部
   村田智哉(姫路市立広嶺中学校出身) 硬式テニス部
地元にテニスと勉強を両立できる高校が無かったため県外にある学芸館に進学しました。自分と同じ様に文武両道を目指す仲間達と切磋琢磨すること、そして自分の疑問を納得がいくまで教えて頂ける先生方の手厚いサポートのお陰で部活動も勉強も自分の想像を超えるほど成長することができました。

2019 2019 2019

2018年度卒業生

2018

慶應義塾大学 文学部 
吉野 茜理(浦安市立日の出中学校出身)インターアクト
現在、私は社会学専攻で学んでいます。社会学を専攻したのは、学芸館でカンボジアなどの発展途上国の支援について考え、関心を持ったことがきっかけです。今はその延長にある開発の人類学などを大学で学び続けています。学芸館で学んだことや得た知識は、大学の授業でも非常に活かされていて、教授に自分の高校生活での経験や知識を語ることができることを日々嬉しく感じています。

大阪大学 医学部 保健学科 放射線技術科学専攻 
板野 未侑(岡山市立高松中学校出身)   吹奏楽部(部長)
第65、66回 全日本吹奏楽コンクール【金賞】
私は今、勉強にサークル、アルバイトと忙しくも充実した生活を送っています。そのように感じることができるのも、高校時代に得た協同し一つのものをやり遂げる力を身につけることができたからこそと感じています。大学生になって、高校のときよりも自分たちで解決しなければならないことが増えました。自分一人で出来ないとき、周りと協力する力は必要不可欠です。そういった力を高校のときに学べる環境があったことは、本当に恵まれていたと思います。

名古屋大学 経済学部 
伊藤 柊都(鴨方町立鴨方中学校出身) サッカー部
第97回全国高校サッカー選手権大会【ベスト16】
私は現在、大学と専門学校のダブルスクールをしています。それぞれの勉強を両立する上で、学芸館での生活で身につけた時間の使い方が活きているなと感じます。学芸館の文武両道を目指せる環境で生活を送ったことで、与えられた時間を最大限に活用するために「今何をすべきか」ということを考える習慣が身につきました。学芸館で、勉強とサッカーに全力で打ち込めたお陰で大学でも充実した日々を過ごせています。

卒業後の進路

2019年度

名古屋大(経済/農)、広島大(法/経済/総合科学/理)、岡山大(医・保健/教育2/法/工3)、東京都立大(人文)、上智大(総合人間)、立教大(経営)、中央大(国際経営/商)、立命館大(文/経済/経営/理工)、同志社大(社会2/文化情報/政策/理工)、関西大(社会3、経済、文2、商など)

2018年度

大阪大(医・放射線)、名古屋大(経済)、広島大(総合科学)、九州歯科大(歯)、慶應義塾大(文)、岡山大(工2/環境理工/文/教育)、上智大(外国語/文)、東京理科大(理)、同志社大(理工/文化情報/政策)、関西大(法3/総合情報2/政策創造/社会など)

2017年度

大阪大(外国語)、名古屋大(理)、岡山大(教育)、上智大(総合人間・文)、同志社大(経済・理工)