岡山学芸館高等学校

普通科医進サイエンスコース

最難関大学理系学部を目指す!

少数精鋭で「上質な理系」を学ぶ!勉強と戦う青春をおくろう!

少数精鋭

3年間を通した個別徹底指導!
ホンモノに触れる課外研修も充実!

本気の進路実現

コース設立後10年連続、旧帝大理系学部、
国公立医歯薬系学部に合格!

「勉強」の強化指定部

プライドを持ってコース一丸となり
勉強に真摯に向き合う!

様々な研究発表や現場体験が豊富

イメージ1
アマモの成長に関する研究

地域との協力で世界規模の課題研究がかけがえのない経験!

1年次は『海のゆりかご』と呼ばれるアマモ場の再生活動に参加します。アマモは漁獲量の減少などの海の問題解決に貢献しています。2年次では各々が1年間という長いスパンで海に関する研究を行います。私は地域の方々と協力しながら世界規模の課題に取り組み、かけがえのない経験と新たな視点を得ました。

3年 入澤佳苗(日南町立日南中学校出身)

イメージ2
アマモ場再生活動

イメージ3
牡蠣の殻を用いて生物多様性を向上させる研究

イメージ4
全国ユース環境活動発表大会での発表の様子

イメージ5
大型放射光施設SPring-8の見学

医進サイエンスコースの海洋学習

教科書を飛び出し、実際に触れよう!!

医進サイエンスコースは平成29年に海洋教育パイオニアスクールに指定され、今年で5年目になります。日生中学校や日生町漁協との協同で進めているアマモ場再生活動、牡蠣の養殖体験に始まり、干潟をフィールドとした課題研究まで、「自然に触れる」経験を積んでいます。

カリキュラム図

アマモ場再生活動は、地元テレビ放送局OHKの瀬戸内環境キャンペーンRe:SETOにおいて表彰を受けたり、NHKのNHKスペシャルに紹介されたりと、各メディアで取り上げられました。

課題研究活動

医進サイエンスコースでは1・2年生で海をテーマにした課題研究活動を行っています。机上のみの学びで終わるのでなく、実際にホンモノに触れることを大切にしており、観察や実験を行っています。近年では数値計算やモデル化、工学的な手法にも手を拡げようとしています。

2年生の取り組んでいる研究テーマ

  • 海洋ごみ回収装置の開発
  • 波力発電の効率化について
  • 海ごみの散乱に関する研究
  • アマモの本葉展開条件
  • 牡蠣の浄化能力に関する研究
  • ウミケムシの運動とその応用
  • 海ほたるの発光条件
  • 海洋酸性化が与える貝への影響
  • 魚とマイクロプラスチック

イメージ8

イメージ9

自分の研究費は自分で掴み取る!!

  • マリンチャレンジプログラム2022
  • サイエンスキャッスル研究費:THKものづくり0.賞2022

イメージ10

イメージ11

医療系の課題研究

  • 学生研究企画「君の研究所を創ろう」第38回日本DDS学会学術集会主催 大会長賞、優秀賞 受賞

優秀賞:木村文香(左) 大会長賞:岩本磨耶(右)

優秀賞:木村文香(左) 大会長賞:岩本磨耶(右)

1年生も佳作をいただきました

1年生も佳作をいただきました

生物専門の方と山に登ったとき、その方は木や花の名前を言いながら解説をしてくれました。きっと私とは違った“世界”が見えているのでしょう。一方、私は木々の様子からフラクタル図形を想起していました。その方はこういった見方をされていなかったようです。同じものでも切り取り方で見え方は様々です。
1つ1つの知識・経験は、はじめは点ですが、数を増すごとにそれらが繋がって線となり、線が増えるといつしか平面図が見えてきます。生物を勉強してきた人の平面図、物理が好きな人の平面図、運動を得意とする人の平面図・・・各々が造詣の深い分野における平面図を持っています。これらの平面図を集めていくと、いつしか同じ立体の切断面であったことに気付きます。(さらに遠くから見るとこの立体もまた点になり・・・)
色んなものや人と触れるほど、学べば学ぶほど、沢山の点・線・平面を手に入れることができ、見える“世界”はより高次元のものになります。
学芸館では色々なものに触れることが出来ると思います。ぜひ皆さんの見ている“世界”を拡げてみませんか?医進サイエンスコースでは色んな平面を持つ人を歓迎しております。

医進サイエンスコース長 吉岡 希裕

先輩からの
メッセージ

自分に甘くならず成長したい

このコースを選んだ理由は、少人数の仲間の中で学べて、自分に甘くならず成長できると思ったから。模試で良い点数が取れない時も、周りの姿に背中を押されて頑張れています。レベルの高い授業で、大学での学びにもつながる内容は、将来薬学の研究をしたいと思っている私にはぴったりだと感じています!

3年  岩本磨耶 (光南台中学校)

 

大学でも生物の研究を追求したい

「勉強の強化指定部」と称されている医進サイエンスコースですが、勉強以外のことについてもたくさん学べます。私は医進サイエンスコースの海洋学習に惹かれて、現在アマモの研究について取り組んでいます。ここでしか得られない研究経験を活かし、大学でも生物について学んでいきたいです。

2年  林 志龍 (上海協和双語学校)

 

コースを変更し明確な目標が見つかった

より高みを目指して、特進→スーパーV→医進サイエンスとコース変更をしてきました。ここでは勉強はもちろん、課題研究を通して研究の行い方、論文の書き方など普通では学べないことが学べます。入学時は明確な目標は無かったのですが、ハイレベルな環境で過ごせたことで、今はバイオミメティクスの研究をするためにアメリカの大学院に行きたいという目標ができました!

3年  大平留愛 (岡山中学校)

 

教科書では学べない海洋研究の楽しさ

私は、精密検査で医師が診断をより正確にするための判断材料を提供する臨床検査技師になりたいと思い、このコースに入学しました。私は現在、海洋研究ではウミケムシという生物の足の仕組みに新たな移動手段の可能性を感じているため、その研究に取り組んでいます。

2年  奥山紗帆 (西大寺中学校)

 

進学実績

どんな生徒も必ず成長する、
先生は絶対にあきらめない

向上心を持った仲間や熱心な先生方に囲まれて

僕は高いレベルでの勉強と柔道の文武両道を目指して医進サイエンスコースに進学することを決めました。目まぐるしく大変な3年間でしたが、向上心を持った仲間やとても熱心な先生方に恵まれて医学部に合格することができました。また、医進サイエンスコースは海洋研究など様々な課外活動が充実しており、大学での勉強に繋がる学習ができていたのだと医学部で過ごす今改めて実感しています。

山口大学医学部医学科

江口天平岡山市立旭東中学校

神戸大学医学部医学科

六車心音

岡山中学校

東北大学理学部生物学科

水田陽大

邑久中学校

岡山大学医学部保健学科検査技術科学専攻

太田果実

邑久中学校

慶應義塾大学経済学部

邉見和樹

東みよし町立三好中学校

岡山大学工学部工学科機械システム系

田中大誠

瀬戸中学校

岡山大学工学部工学科機械システム系

牧野竜輝

長船中学校

過去3年間の進路実績

2021年度
神戸大(医・医)、東北大(理)、岡山大(医・保健/工2)、東京通信大(情理)、鹿児島大(水産)、山口大(理)、静岡文化芸術大(デザ)、慶應義塾大(経済)など
2020年度
山口大(医・医)、岡山大(歯)、九州大(医・保健/農)、広島大(医・看護)、高知大(医・看護)、ハンガリー国立デブレツェン大(医・医)、宮崎大(農)、 兵庫県立大(理)、立命館大(経済)など
2019年度
東京大(農)、広島大(医・医)、鳥取大(医・医)、北海道大(工)、名古屋大(工)、島根大(医・看護)、徳島大(医・医科栄養/総合科学)、岡山大(文)、愛媛大(農)、香川大(創造工)、九州工業大(工)、慶應義塾大(総合政策)、同志社大(文化情報)、近畿大(農)など

前のページに戻る